IT企業で将来を考える

IT企業で働きたいと考えている新卒の学生は、結構な数いることでしょう。
将来のことをちゃんと考えているのでしょうか。IT業界には多くの職種があります。自分の希望通りの職種で働けるとは限りません。
違う職種に配属された場合はすぐに辞めてしまうのでしょうか。

そもそも、IT業界で働こうと考えている人は、IT業界にどれだけの職種があるか理解しているのでしょうか。
自分の知識の範囲だけで決めようとしていないでしょうか。自分の知らない世界で自分に合った職種があることだってあるのです。
自分の希望と違う職種に配属されたからと言って、仕事を投げ出してはいけません。人事はその仕事が合っていると判断したのです。

三年経験してみて下さい。石の上にも三年と言います。
三年以上経験しなくては、物事の本質を理解できないのです。将来を考えるにあたって、狭い世界だけで判断することだけはしないでください。
初めは希望通りに行かなかったとしても、その仕事が楽しくなってずっと続けたくなっているかもしれません。

三年以上経ってどうしてもその仕事が合わないと感じているようなら、その時は自分の希望を人事に伝えたり、転職したりすれば良いのです。
それまでに経験したことは無駄なことではありません。次に進んでも何処で役に立つかわからないのですから、何事も一生懸命に取り組みましょう。
人生は長いのですからすぐに答えを出す必要な無いのです。修正を加えながら将来を作っていけば良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です