面接で大切なこと

IT業界に就職を考えている人にとって、どれだけ自分がスキルを持っているかをアピールすることが重要です。
スキルのアピールはIT業界に限ったことではありませんが、IT業界ではスキルがものを言うのです。
一概にスキルと言っても新卒でIT業界に進もうとしても経験に基づいたスキルをアピールすることは難しいでしょう。

学生であれば、スキルをアピールするのに資格を取ることをお勧めします。スキルレベルに応じた資格が設定されていますので、資格を取っていると自分のスキルレベルがわかるとともにアピールしやすくなります。
ある程度経験を積んでから転職をする時は、資格を持っていなくても面接で自分のスキルをアピールできるのですが、未経験分野へのチャレンジであれば資格を持っていると大分有利になるでしょう。

逆に言うと、経験もなく資格もなければどの程度のスキルを持っているか判断が難しくなるので採用されにくいでしょう。
面接は会社と個人の顔合わせの場だと以前面接官に言われたことがあります。合う合わないがありますからどんなにスキルを持っていようと、会社に馴染めないと判断されたら不採用となります。

不採用になったからと言ってスキルが劣っているわけではありません。
ただその会社と合わなかっただけなのです。たとえ不採用になっても落ち込んだりせずに次の面接に行きましょう。
根気強く頑張っていると、自分に合った良い会社に出会えるでしょう。
諦めて妥協したらそこで終わりです。不景気ですが、希望を持って頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です